current / upcoming / past

日野之彦「窓辺」

snow contemporary
日野之彦「窓辺」
会期:2021年10月15日(金)- 11月20日(土)13:00 - 19:00
*日・月・火・祝日は休廊
会場 : SNOW Contemporary / 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404


SNOW Contemporaryでは2021年10月15日-11月20日まで日野之彦の個展「窓辺」を開催いたします。

日野之彦は、うつろに見開いた大きな瞳、半開きの口、幼児的なポーズ、白いブリーフを着ただけの裸体など、言いようのない不安定な人物像を、技術に裏付けされた精緻な描写で描き出すことで、静謐な狂気を孕んだ濃密な絵画作品を制作してきました。

昨年度の個展「モデル」では、長年のモチーフであった自らの身体から離れ、自分以外をモデルとして描いた作品群を発表しました。数メートル離れ全身を俯瞰し、接近して細部を観察するという具合に、モデルと自身との距離から生じる見え方の違いを一枚のキャンバスに併存させた結果、人体の存在そのものに肉薄した世界観を見せ、高い評価を獲得しました。

本展「窓辺」では前回に引き続き、モデルを描くという手法は踏襲しつつ、これまで室内灯のもとで描かれてきたモデルを自然光の入る「窓辺」へと移動させました。自然光の下にいるモデルを眼前に描きだすということは、モデル自身の日常生活における身体的変化に加え、季節や天候、時間により変わる光の具合など、日々変化する環境的な要素が絡み合うこととなります。これまで日野は、身体をあえて歪ませることで絵画空間に違和感を生じさせて来ましたが、今回の新作では、モデルの身体的変化と変わりゆく自然環境という、それぞれに異なる時間軸を1枚のキャンバス内につなぎ合わせることで、重層的な歪みを絵画内に生じさせています。

変化し続ける情報と異なる時間軸を統合させることで、より重厚で複雑な画面となった日野の新たな新作をご高覧いただけましたら幸いです。

2021cSNOW Contemporary, All Right Reserved.